定期的に保険を見直し安心して生活をおくる

住宅ローンを見直す

早い決断が生活再建の近道

長引く不況による収入ダウンやリストラなどで、住宅ローンが払えないという人が増えています。住宅ローンは多額の資金を借り入れ20年30年と長期にわたって返済するものです。経済環境が厳しく安定した収入を得ることができなくなったら滞納することになってしまいます。 せっかく買ったマイホームだからと言って、何とかして返済しようとカードローンやキャッシングに手を出す人も少なくありません。金利3%の住宅ローンが払えないのに金利18%の借金を抱えてはさらに苦しくなるだけです。どうしても払えないならマイホームは手放すことになりますが、無理をして払う必要はありません。早く決断すれば傷が浅くすみ、生活再建が早くできます。

まず第一に家計の見直しを

住宅ローンの返済がきつくなったと思ったら、家計の見直しをしてみてください。生命保険料や自動車関連など固定的な支出の見直しをしてみてください。それでも滞納してしまうという場合、金融機関と相談して返済期間を延長したり金額を少なくしてもらう交渉をしましょう。ですがこれはただの急場をしのぐぐらいのことで、金融機関はあくまで住宅ローンの利息を負けてくれるわけではありません。当面の負担が軽くなる代わり、将来の負担増は避けられません。滞納をする前に相談に行くことが重要です。 もし滞納した場合、三か月分を超える残りのローンを一括で返済するように求められます。どうしても手放したくない場合は少なくとも滞納が三か月を超えないように、遅れながらでも支払っていく必要があります。

記事一覧

保険の移り変わり

保険は生活の変化によって必要なものが変わってきます。保険相談を定期的に行うことで、保険を別のものに切り替えることや他に別の保険を上乗せする等やり方をとることができます。

詳細を見る

内容を確認する

保険内容をしっかりと確認することで、不意の事故や病気の通院代や治療費を払うことができます。特に海外旅行保険は旅行好きの人には欠かせない保険になっています。空港カウンターでも申し込むことが可能です。

詳細を見る

税務上の面から

逓増定期保険は法人税の節税として利用されている保険です。経営者の死亡時に伴う事業リスクの保障を行うという保険で、企業にとっては必要なものとなっています。解約払込保険料の戻り率が高い保険です。

詳細を見る

保険の種類

保険には多くの種類があります。生命保険や学資保険、火災保険等様々です。近年自転車保険が見直されています。自転車はスピードが出ることや、歩行者との接触が多いことからトラブルに繋がりやすいものです。

詳細を見る

基準の緩和

保険加入時には条件があることがほとんどですが、現在条件が緩くなっています。以前は糖尿病の人は他の疾患を起こしやすいことから入れる保険が限られていましたが、現在は多くの保険に入れるようになっています。

詳細を見る

↑ PAGE TOP